初日舞台挨拶レポート

1/28(土)、『劇場版 テンペスト3D』がついに公開となりました!
当日は出演者登壇による舞台挨拶が行われ、満席の会場を大いに沸かせました。

以下レポートをお届けします!

tp3d_yc.jpg


【『劇場版テンペスト3D』初日舞台挨拶】

日時:1月28日(土)
場所:丸の内ピカデリー3(有楽町マリオン新館5F)
登壇者:仲間由紀恵、谷原章介、塚本高史、高岡早紀、GACKT

豪華キャスト陣が舞台上に姿を見せると、割れんばかりの拍手が沸き起こり、
満席の会場から温かく迎えられました。
登壇者が自身の役づくりや撮影時のエピソードを披露すると、
客席から笑い声がもれる場面もあり、会場は熱気に包まれました。
また、本作のキーポイントになる‘龍’にちなみ、
登壇者一人ひとりが、2012年‘辰’年の決意を色紙にしたため
発表いたしました。

さらに、本年の頭に映画スタッフがヒットを祈願し目を入れた
‘辰’だるま’が登場!最後に登壇者を代表して仲間さんより
「この作品を観て、もっと沖縄を好きになってほしい」と
熱いメッセージが送られました。


【舞台挨拶 Q&A】
― 一言ずつご挨拶をお願いいたします。

仲間さん:初日を迎えてうれしいですが、手放すような感じで
少し寂しいですね。胸がいっぱいです。

谷原さん:先日、沖縄舞台あいさつに行ってきました。
熱気がすごかったですが、今日も負けないぐらいすごいですね。

塚本さん:僕は3Dでまだ見ていないので、今日のお客さんは
僕より大人ですね(笑)。ぜひもう一度来てください!

高岡さん:私は3Dで観ましたよ。龍が飛び出てきて、すごかったです。

GACKTさん:みんなの徐丁垓です(笑)。素敵な仲間とこの作品に携われたこと、
自分の故郷に貢献できたこと、みんなに沖縄の歴史に触れてもらう機会ができたことが
とてもうれしい。

― なかなか難しい役どころでしたね。外国語もたくさん話されるんですよね。

仲間さん:英語とフランス語、ドイツ語、中国語ですね。
みんなの徐さまと対決もさせていただきました。
真鶴は琉球を愛する強い信念を持っていて、私にとっても憧れの存在です。
寧温はどんなことも乗り越えられる強さが好きです。

― 殺陣のシーンなど、あの時代で独特なものがあったと思いますが、
どうでしたか?


谷原さん:示現流です。みんなの徐さまと戦ったシーンは、大変でした。
前日に雨が降っていてぬかるんでいたのと、木の根っこがでこぼこしてて、
結構危ないシーンでした。


― 撮影の現場はいかがでしたか。

塚本さん:本番5分前までしゃべっているぐらい仲良かったです。

谷原さん:寧温が男の格好で、おかまっぽい話し方をしたりしてね(笑)。


― 高岡さんの聞得大君、そしてGACKTさんの徐丁垓。
お二人のインパクトはものすごかったですが、どのような役作りをされたのでしょうか?

高岡さん:本当に個性的な役柄でした。由紀恵ちゃんが「もっといじめてください」
って言ってきて、でもそんな感じじゃないとやってられないぐらい
厳しいシーンが多かったんです。

GACKTさん:徐さまの特徴の長い舌で口を閉じられなくて、
よだれがたれっぱなしで、この映像が使えないんじゃないかと心配したぐらい。
やりすぎたかなと思ったけど、みんなの徐さまがやれてよかった。

― 仲間さん、高岡さんが浅倉、朝薫、徐丁垓で、実際に付き合うとしたら誰がタイプですか?

仲間さん:難しい質問ですね。でもダメなほうから言うと・・・(GACKTさんを見ながら)

GACKTさん:この質問、ダメだよね。僕を抜いてくれない?(笑)

高岡さん:私はもちろん徐さまです!

― さて、今年は辰年です。
「テンペスト」も嵐の中、龍たちが空を駆け回るシーンから始まります。
主人公真鶴( まづる )は「龍の子」。
まさに「テンペスト」は辰年のための映画ですが、ここで皆さまから
2012年辰年の決意を発表していただきたいと思います。


GACKTさん:辰年にかけて、「天翔る龍の如く」。

塚本さん:家族がいるので「家族愛」。まったく辰年にかけてなくてすみません!

仲間さん:「絆」。この作品の中でも、琉球と清国と薩摩、その時代の
人々の絆がつながって、今の沖縄があると考えると、「絆」を大事にしたいと思いました。

谷原さん:昨年は震災などいろいろあったので、天翔る龍を見ながら「上を向いて歩こう」。

高岡さん:天翔る龍を見ながら上を向いて、「華麗 奔放」に、です!